さぬきおやじ連合
活動レポート

2020.03.17 卒業式エール看板

卒業おめでとう!
頑張る君たちの未来を、おやじたちは応援しているぞ!

 

2020年3月17日、亀阜小学校で卒業式が行われました。
新型コロナウィルスの感染拡大防止対策として、今年の卒業式は時間を短縮して、簡略的にとりおこなうという事前の発表がありました。参加者は卒業生と保護者だけに限定して行うとのこと。在校生も地域の人もいない卒業式、たくさんの人に送り出してもらえない卒業生がふびんでなりませんでした。
 
2月27日、政府は新型感染症拡大防止策の一環として全国の学校へ向けて臨時休校を要請しました。それを受けて高松市が3月3日から小学校を休校すると決定したことで、卒業生たちの六年間に渡る小学校生活は突然に終わりを迎えました。本来なら先生に感謝を伝えたり、友達と最後の思い出を作ったりする、小学校生活で一番心に刻まれるはずだった大切な時間を一瞬で無くしてしまったのです。
 
そんな中で開催すら危ぶまれた卒業式ですから、簡略的でも行えるのは幸せです。
でも、希望が絶望にかわってしまった彼らの心情を考えると、何かせずにはいられませんでした。
 
おやじたちは、その気持ちをストレートに伝えることにしました。
直接対面はできないので、看板に気持ちを込めようと…。

 

急遽、看板の制作を始めました。
書は、知り合いの亀阜小学校OGの”書道ガールズ”たちにお願いし、「そういうことなら!」と快く引き受けていただきました。
地域の方にもご賛同いただき、一緒に取り組んでいただきました。
 
とにかく、伝えたい「感謝とエール」。
君たちはいつまでも亀阜の子供だよ!
ずっと君たちを応援しているよ!
何事にも全力でチャレンジしろよ!と。

  

卒業式当日、早朝におやじの精鋭部隊が看板を設置。
学校のご理解とご協力で、正門を入ってすぐの一等地に看板を置かせてもらい、きれいな花で周りをデコレーションさせていただきました。

 

たくさんの卒業生が、看板と一緒に記念写真を撮ってくれていました。
ありがとう!
 
おやじや地域のみんなの想い、子供たちに届いていたらうれしいな。

 

6年生のみんな、卒業おめでとう!
たくさんの楽しい思い出をありがとう!